2005年04月29日

黄金週間

ゴールデンウィーク!
 
とはいっても、生後1ヶ月未満の娘を抱えた我が家はどこへ出掛けるわけでもなく、家と近所の公園と実家をぐるぐる回るぐらいしかイベントがないわけであります。
それに、医療機関というところはカレンダー通りに勤務する職場だから『10連休!』なんてことは多分、定年までありえないのです。
…はぁ、滝上町の芝桜、見に行きたいな〜。
仕方ないから、夜中に未読の小説(鉄鼠の檻)や未見のDVD(SwingGirls)を消化するかな。
 
***
 
何気なく「ゴールデンウィークの語源」を調べてみたら、映画業界の宣伝の中から生まれたものらしい(他にもいくつか説があるけど)。
それに、秋のゴールデンウィークなるものも数年後には生まれるらしい\(◎o◎)/!(2009年の話だけど)
 
2009年ということは、息子が6歳、娘は4歳。さあ、旅行資金を今から貯めておかなければ…(おいおい)。
posted by takebun at 13:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

列車事故雑感

それにしても、ほんとひどいねぇ。
 
老若男女問わず、70人以上の生命を奪ってしまった「事故」
運転士が悪いのか? …いや車掌だって、いや会社だって。
。「事故」は責任の所在が曖昧になるから遺族にとってはたまったもんじゃない。
でも、運転士は生きて事情を正確に話す義務があるだろうし、会社は事実を究明する義務がある。そして、誠心誠意お詫びすること。
それが遺族への再大の弔いなんだろうな。
 
余談だけど、最近のJALの不祥事も、軽い気持ちでニュースを眺めていたけど、本当は結構恐ろしいことなんだな〜と実感。
当分はANAにしよう。
posted by takebun at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

無事帰還

山形出張から無事に帰ってきました。
 
研修会は、ものすごく勉強になったという成果は無かったけど、職場の中での問題を具体化して、部会とかで提起するのにまとめるにはいい機会になったかな?という感じのものでした。
あとは、地酒を楽しみ、温泉につかり、思いっきり馬鹿笑いをしながら楽しんできました。2時間半のバス移動(仙台空港→鶴岡市)が辛かったぐらいか。
 
ちなみに、かみさんと子供二人はかみさんの実家で一泊。じいじとばあばが子供を世話してくれたおかげで、かみさんも結構楽できたみたい、うちをあけたことによる罪悪感をあまり感じずに済みそうです。
posted by takebun at 22:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

山形へ行きます。

今日から2日間、山形へ出張へ行きます。
職場研修の一環、みたいなものですが…学習会+交流会がメインかな。
 
とりあえず、まずは4時間半後に起床。起きれなかったらアウト!
posted by takebun at 01:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

再び騒がしい日々

 
娘が我が家にやってきて2日目の夜を迎えている。
昨夜は、昼夜逆転している娘はおっぱいを求めてかみさんから離れず、おまけに普段は寝ぼけてかみさんに「かまって〜」とせがむ息子が構ってもらえないもんだから号泣して、結局かみさんも自分も睡眠不足に。
今朝は二人そろって目の下にクマをつくってしまった(T_T)
 
そして、今夜も娘は見事な昼夜逆転ぶりで、只今ぐずっておっぱいを吸っている。
こんな日は早めに寝るに限る?
posted by takebun at 22:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

ubicast Blogger導入

bloggerなるものをインストールしてみた。
 
まずはテストがてら書いている。
なじまなければ、速攻で破棄だな。
posted by takebun at 14:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あともう一日

本当なら、今日母子ともに退院…の予定だったのだが、娘の黄疸がひどくなったということでもう一日入院することになってしまった。

せっかく休暇をもらったのに〜でも、もう一日羽を伸ばせると思えば幸運かも(^^♪

ちなみに、娘は24時間光線治療を受けることになったので、一人元気なかみさんはテレビを見て暇をつぶしているそうな。
posted by takebun at 13:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

二人目が

4月11日の1時55分に、3454gの女児が産まれました。
二人目の子供、今度は娘です。

夜中の出産に立ち会ったものだから、白々と夜が明ける中帰宅しました。
お腹が減ったのでな○卯で天ぷらうどんを食べ、帰っても妙に寝る気分になれず、ゴミを出しつつ、近くのコンビニまで出掛け…寝たのは午前6時半過ぎ。

11時過ぎになってやっと起きました。只今洗濯中。
かみさんが戻ってくるのは今週末ぐらいでしょう。

今のうちに「静寂」を楽しんでおきます(^^ゞ
posted by takebun at 11:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

思い浮かばず

どうも、blogにのせるネタが思い浮かばない…。

仕事する→息子と遊ぶ→パソコンをいじる→寝る

というパターンを最近繰り返しているような感じ。
…これから仕事や家庭が忙しくなるだろうから、所謂「嵐の前の静けさ」というところか。

***

かみさんの出産予定日は4月11日。
もう来週には出産でしょう。
さあ、もう一度寝不足の日々が続く〜。
posted by takebun at 22:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

格差の固定化

最近、『格差の固定化』というキーワードが気になる。
一億皆中流から、上流階級・下級階級に分かれて、それが世代を超えて固定化する、ということらしい。

上流の家の子孫は、優秀である可能性が高い→経済力により素質が開花する可能性が高い→上級の学校に進学→いわゆる「エリート階級」に属す→最初に戻る


というスパイラルが加速し、上流ではない階級の人々はますます取り残される、という理屈だとのこと。

昔とある医者の先生が「もう今の時代、金持ちの子どもしか医者になれないからな〜」と言っていたのを思い出した。医学部に入るには、「親の経済力」も重要な要素である、と言うことか。

そういえば、医療従事者も高学歴化がすすんでいる。
看護師だって放射線技師だって、昔(25年ぐらい前)は国立大医学部の附属専門学校なんて扱いで、学費すら無料だった(ある意味うらやましい…)。
それが今では、国立大学では「医学部保健学科」となり、センター試験・2次試験をパスしないと学校に入れなくなってしまった。当然、学費は年間約55万円ほどになる。

職能団体は「今後は、高学歴化が(医療職の資格に対する)国民の信頼を得るための前提になる」と言って、諸手を挙げて歓迎している。
現在働いている自分自身は歓迎だが、息子を持つ親の立場としては、ある意味「たまったもんじゃない」

自分は、「高校出たら、私立大学・一人暮らしは×」と言われ続け、運良く?第一志望の国立の医療短大に入学できたから、(当然、奨学金も借りたが)親の経済力にあまり依拠せずに、現在の職業→家計を維持できている。しかし、息子が高校出る時には一体どうすれば、進路決定の手助けが出来るのだろう…と考えてしまう。

息子の学力はさておき、学力が高くても、親の経済力で進路が狭められてしまうことや、経済力さえあれば、もう1つ先のレベルに押し上げることが出来るのに…と嘆くようなことは、出来れば避けたいし、避けて欲しいと願う今日この頃。
posted by takebun at 23:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

カレー屋発掘!

「カレー料理専門店 デリー」
中央区狸小路1丁目

***

後輩と昼食をとろうと仕事帰りに街に出た。
目当ての店はことごとく満員…3軒めで、後輩から「行ってみたい店がある」とのことでとあるカレー屋へ。

カレーは4種類あり、その内3つはスープカレー(店主曰くカレールーがスープ状なだけ、だそうだ)。
後輩と一番辛い「カシミールカレー」を食べてみた。確かに辛かったけど、ちょうど自分の辛さの限界にあてはまっていて、かつ辛さの後ろに旨味とコクがしっかり残る…美味しかった。
ちなみに、後輩は水を3杯飲み干していた。自分はラッシーで辛さを和らげてたから大丈夫。

とにかく、街中で美味しいカレー屋を見つけたのは大きな収穫。紹介してくれた後輩と、後輩に店を教えてくれた先輩に感謝。

posted by takebun at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。